携帯ショップスタッフやパソコン教室インストラクターを募集する株式会社新電電の先輩インタビューを掲載しています。

HOME > リクルート > 先輩の声

リクルート:先輩の声

モバイルソリューション事業 谷坂 カミーラ 入社1年目

ポルトガル語の接客に加えて、日本語と英語も

私は、携帯電話がとても好きです。それなら好きな携帯電話に関わる仕事をしてみようと思って、新電電に入社しました。今は入社から1年が経って、auショップで接客担当をしています。
ご存じの方も多いと思いますが、愛知県の中でも東部の三河地方はブラジル系の人が多く住んでいる地域です。自動車工場で働いている人の中にブラジル人が多いので、そのご家族も含めるとかなりの数になります。この地域の携帯ショップで、ブラジルの言葉であるポルトガル語を使って仕事をしていると、日本語で伝わらないことも詳しく説明できるため、とても人の役に立っていると実感できます。
もちろん、携帯ショップに来られる方は、ブラジル人だけではありません。日本人のお客様にもご満足いただける接客がしたいと考えているので、もっともっと日本語をうまく話せるようになりたいと思っています。努力のかいもあり、今では日本人のお客様の接客を担当できるようにもなりました。これからは英語も勉強するなど、自分自身の将来にも役立つようスキルアップしていきたいと思っています。

モバイルソリューション事業 谷坂
将来は世界を相手にシステム開発の仕事がしたい

私の知り合いに何人か、システムエンジニアやプログラマーなどシステム開発に携わっている人がいます。私もいつかはその仕事に就きたいと考えて、実は今も勉強を続けています。
新電電での仕事を通じて学んだ接客や日本語、英語などと、自分で勉強したシステム開発のスキルをいかして、世界を相手に大きな仕事をすることが夢です。毎日の仕事を通じて、その夢に確実に一歩ずつ近づいていることが実感できるので、これからもどんどん勉強していきたいと思います。

  • 募集要項
  • エントリーフォーム