携帯ショップスタッフやパソコン教室インストラクターを募集する株式会社新電電の先輩インタビューを掲載しています。

HOME > リクルート > 先輩の声

リクルート:先輩の声

モバイルソリューション事業 長尾 聖美 入社5年目 docomo ベストアドバイザー認定 取得

地元の人たちの役に立てる仕事です

地元の出身で、地元に密着した仕事、地元の人たちに役立つような仕事がしたいと考えて就職活動をした結果、新卒で新電電に入社しました。すでに4年以上のキャリアを積み、副店長という役職を任せられるようになりました。

モバイルソリューション事業 長尾

今や携帯電話は1人1台、もしくはそれ以上に普及している生活必需品です。それだけに地域の人たちにも欠かせないので、携帯電話に関わる仕事は地元の人たちの生活に役立つ仕事であることを実感できます。すでに長く営業している店舗で、地元での知名度が高いこともあって、私のいるドコモショップ安城店には、長いお付き合いのお客様も多く来店されます。特に用事がなくても立ち寄ってくださるお客様もいらっしゃるので、地域の一部として溶け込んでいることを実感できます。名前や顔を覚えてくださることもあるなど、コミュニケーションを取りながら仕事ができることも、一つの醍醐味ではないでしょうか。

頑張ることに専念できる環境

新電電の特徴はたくさんありますが、私が魅力に感じているのは社長や会長などの上層部と、現場の社員との間に壁がなく、上層部や上司がいつもよく見ていてくれること、そして評価してくれることだと思います。実力や働きに見合う評価をするのは会社として当然のことですが、新電電はその仕組みが確立されているのでとてもフェアだと思います。
日常のちょっとしたタイミングで声をかけてくれるだけでも、モチベーションって上がりますよね。それが気軽にできる社風があるので、働きやすさ・居心地の良さがあり、とても魅力的な会社だと思います。
現在、会社としてはドコモショップを1店舗しか運営していません。私の目標は、ドコモショップをもっと強化・拡大することです。そのために自分に何ができるかを考えて、役に立てるような社員でありたいと思っています。
会社自体が安定していて社風も良く、社員が頑張ることに専念できるのも恵まれた環境だと思います。

モバイルソリューション事業 桐生 俊介 入社2年目

頑張ったことがすぐ結果に表れるのがこの仕事の面白さ

人と接することが好きで、接客や営業を仕事にしたいと思っていました。学生時代には家電量販店でアルバイトをし、ますます人と接する仕事の面白さを知りました。そしてすでにたくさんの人に利用されている携帯電話販売の仕事が自分に向いているのではないかと思ったのが、入社の動機です。
今はほとんどの人が携帯電話を持っていますから、携帯ショップに行ったことのある方も多いでしょう。社会の中でもとても存在感の大きい接客業と言えると思います。

モバイルソリューション事業 桐生

この仕事の面白さは、頑張って取り組んだことがすぐに結果に表れるところです。お客様を増やそうと考え、例えば近隣にポスティングをすると、効果はすぐに表れて、ご来店くださるお客様が増えます。来店される方が増えると、それだけ多くのお客様にご購入・ご契約いただけることにつながり、結果がしっかりと残ります。

会社の成長に貢献できるキーマンとして

新電電では、頑張って出した結果がきちんと評価されます。社内にいると当たり前のように感じますが、そうではないところもあると聞きます。評価されることは、私のモチベーションにつながっています。入社間もない人にもチャンスがとても多い会社だと思うので、先輩や上司からどんどん仕事を教わって身に付けていけば、きっと納得のいく評価が得られると思いますよ。
フレンドリーな社風で、上司・部下に関係なく話をしやすい雰囲気があり、ときには仕事と関係ない笑い話をしていることもあります。でもそれは、社内のコミュニケーションを活発にし、楽しい雰囲気づくりに役立つもので、これも仕事のうちというのが新電電のやり方だと思います。
おかげさまで会社も私自身も、実績に対する一定の評価をいただいています。この評価にしっかりと応えて、さらに店舗が増えていくような会社にしていきたいですし、そのために貢献できるキーマンでありたいと思っています。

モバイルソリューション事業 蟹江 諭史 入社4年目

「人を幸せにする企業」という理念に惹かれて入社

新電電が運営する携帯ショップ、「ソフトバンク碧南店」からスタートして、各ショップで販売業務を担当してきました。この世界は1年勤めれば1人前と言われ、その3倍以上のキャリアを持つ私はすでにベテランの域に入るようです。今では販売だけではなく、新人や後輩などの育成という役割も担っています。
新電電の理念は「人を幸せにする企業」。そして携帯電話を購入して使うのは人なので、この仕事は常に人が相手です。そんな「人と接する以上、相手を幸せにできる仕事をする」という理念に惹かれて入社しました。この思いは今も変わっておらず、仕事において常に人を幸せにできる方法を考えるようにしています。 それはお客様に対してはもちろん、社内に向けても同じです。

モバイルソリューション事業 蟹江
仲間が褒められるような会社にしたい

個人的な話ですが、おかげさまでソフトバンク様から、販売実績が全国で7位、また東海地区でナンバーワンになったことを評価していただき、表彰を受けたことがあり、とても嬉しく誇りに思っています。評価されることも大切ですが、それ以上に私は「人を幸せにする」ことに目を向けたいと思っています。

ソフトバンク表彰状

私と一緒に仕事をする仲間、後輩、新人、全員のスキルやモチベーションが高くなった結果、実績が評価されるような組織・会社になればいいなと常々考えています。良い結果とは、相手が幸せになることだと考えて、育成するときには相手の幸せを考慮するよう心がけています。
十人十色、人によって成長やキャリアアップの道筋が違って当然です。それを尊重するために、私は頭ごなしに否定から入らないようにしています。その人の考えややり方には、何か本人の信念があるはず。そこに気づき、一緒に成長していけるような会社にしていくために、これからも日々精進です。

  • 募集要項
  • エントリーフォーム